舌の筋肉を鍛えるエクササイズ方法

若くても顔がたるんで老けて見える人がいます。

 
顔のたるみは産まれ持った人相が変わってしまいます。顔が大きく見え、ほうれい線が深く刻まれ、太って、そして老けて見えます。
顔の骨格にぴったりと皮膚が引っ付いているような、しまった小顔は若く生き生きと見えます。

 
若くても顔がたるむ原因は、顔をあまり動かさないここと、パソコンを見る際に前のめりの姿勢になっていることです。
前のめりの姿勢になると顔の筋肉が衰えます。また、口を大きく開けないなど顔をあまり動かさないことも衰える原因です。
特に口周りの筋肉の衰えは頬のたるみや顎のたるみと多いに関係があります。

 
たるみを改善するには、舌を鍛えるエクササイズが有効です。

 
普段意識しない舌ですが、前のめりの姿勢でいることによって筋肉が衰えて大きく動かしにくくなっているものです。
思いっきり舌と前にだし、鼻先につくまで引き上げる方法、口を閉じたまま、大きく頬の内側にそって回す方法が効果的です。
鍛えることにより、たるみ改善、痩せて小顔効果、ハリアップ、口周りの血行がよくなることで顔の血色も良くなりくすみ改善、肌荒れ防止にもなります。
パソコンを見る時には姿勢に注意し、定期的に運動するなど、前のめりの姿勢にならないようにすることが大切です。

コメントは受け付けていません。