お肌はどうしてたるんでしまうのか

体重にはさほど変わりは無いのに、フェイスラインがたるんだり、二重あごになってしまったという方も、多いのではないでしょうか。

 

 

このようなフェイスラインのたるみは、肌の奥深くにある真皮層に原因があると言われています。
肌の奥には真皮層という部分があり、そこにはコラーゲンとエラスチンといった弾力線維が、まるで網毛状のように張り巡らされています。

 

 

弾力線維の生成がスムーズに行われていると、肌のハリや弾力はキープされる為、肌がたるんでしまう事はありません。
しかし、これらの弾力線維は20代をピークに、生成量が年々減少してしまうと言われているんです。
50代ともなるとピーク時の、約半分にまで生成量が減少してしまう為、皮膚を支えきれなくなり、結果フェイスラインや頬がたるんでしまいます。

 

 

また、弾力線維は加齢で生成量が落ちてしまうだけでなく、活性酸素や紫外線が原因で、壊れてしまうと言われているので、注意しましょう。

 

 

紫外線を浴びるとダメージは肌表面だけでなく、真皮層にまで伝わり弾力線維を破壊してしまうのです。
活性酸素は細胞レベルで老化を促進させる為、肌がたるむスピードを早めます。

 

 

ですので日焼け止めで紫外線から肌をガードする、活性酸素を除去する抗酸化作用の高い、食品を摂取するという事が、若々しい肌を維持する為には大切です。

コメントは受け付けていません。